鹿児島中央から指宿へ。指宿枕崎線揺れる列車旅! 鹿児島旅行!(7)

こんにちは!totoです。

鹿児島中央駅から列車で指宿に向かいます。

指宿枕崎線は、鹿児島中央駅から薩摩半島南端の指宿市、さらに枕崎市へと延びる九州旅客鉄道の路線です。
JRグループで最も南を走る路線です。

今回は、このローカル線で車窓を楽しみながら移動したいという目論見です。






指宿枕崎線



まずは路線図。
images.app.goo.gl

指宿枕崎線の起点は鹿児島中央駅、終点は枕崎駅です。

路線距離は87.8㎞。

駅数は36駅。指宿は18駅目、大体50分弱です。

路線図の通り、薩摩半島の東岸と南端を通り、鹿児島市指宿市および港町、枕崎市を結ぶ観光の足となっています。
また、市内への、通勤・通学路線ともなっているんですね。


座席はボックスシートです。



車窓から。


ガタン ゴトン・・・
ガタン ゴトン・・・
ガタン ゴトン・・・・




日本で一番海に近い駅、宮ヶ浜駅です。
ちょっと駅は過ぎてしまいましたが・・・
長渕剛さんのふるさとでもあるんですね?

ガタン ゴトン・・・

ガタン ゴトン・・・
ガタン ゴトン・・・・

ちょ、ちょっと揺れすぎではないか⁉️

まさか、故障???

脱線するんじゃ・・・

心配になって、斜向かいに座ってる女子高生を見ると、平然と座って読書に勤んでます。

これで、普通なのか⁉︎
かなりの縦揺れなんですけど。。。

通路向こう側の女子高生たちは、おしゃべりに興じています。
が、揺れるたびに座ったまま飛び跳ねてるよう。
衝撃を避けるためなんでしょうか?
慣れたもんです。

でも、この揺れは激し過ぎる・・・

指宿枕崎線 揺れるで検索したところ、、、

結構有ります。やっぱりみんな揺れる!って思ってたんだ。

車内の様子が載ってる動画を1つ。

JARABさんのツイッター記事です。




これ以上スマホを見てると、お昼に食べたザボンラーメンが・・・




・・・




ちなみに、JR九州鹿児島中央駅指宿駅間で運行している特急列車に、たまて箱列車というのがあります。
「いぶたま」の愛称で親しまれている、2~3両編成の観光列車です。

f:id:totochn:20200302170108p:plain
たまて箱列車
www.jrkyushu.co.jp

基本の料金は、乗車券 1020円 + 特急券 1160円 
=合計 2180円(小人は半額)

他に、往復JRタイプと片道バスタイプ(どちらも 3150円)があります。
詳細は、上記HPにて。


煙に見立てた霧の演出、フォトサービス、キッズチェアーもあり、子供さん連れの方にも良さそうですね?
車いすスペースもあります。


車内販売一例

f:id:totochn:20200302165048p:plain
フレッシュな卵と牛乳で作られたクレームアメリと黒ゴマの2層になったプリンです。  430円(税込)
f:id:totochn:20200302165240p:plain
カメロンパン 浦島太郎を竜宮城へ招待した亀を見立てて作られたカメロンパン。パンの中にはさつまいものペーストが入った2色のパンです。 240円(税込)


座席は全席指定席で、駅の窓口で購入できますが、予約しておいた方が確実です。
全国のみどりの窓口指定席券売機で購入できます。

興味のある方は是非!
ただし、こちらも揺れは同じようです。



では、指宿枕崎線に戻ります。


着きました。指宿駅です。

思わず線路を確認してしまいました。


指宿駅外観。

帰る時に気付いたんですが、足湯も出来ます。
タオル持参した方がいいですね?


指宿枕崎線は海沿いを走るので景色に飽きることはありません。

ただし、かなり縦揺れします。

列車に乗る際は覚悟してお乗り下さいませ。

では。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村